オーディションは面接

まずもって最初に考えておきたいのが「オーディション」というのは何も特殊なものではない、ということです。この言い方だと少々語弊があるかもしれませんが、つまりオーディションというのは「面接」であり、企業に入る面接と同様なポイントが見られているということについても把握しておかなければなりません。アイドルというのは華やかな存在であるように見えますが、その背景には多くの努力が求められるものであり、同時に常識やマナーというものが問われるものでもあります。
そのため「人間的にどうなのか」ということがオーディションでは見られていることを忘れてはなりません。

関連サイト【オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト】
…俳優・タレントのオーディション情報や戦略を掲載しているタレント養成所のサイトです。

通常の面接がそうであるのと同じように、オーディションにおいても開始数分でその人の人となりを判断し、「合格の可否」を概ね決めてしまいます。例えば入室をする時にドアを乱暴に開け閉めするような人では、アイドルとしてやっていけるとは思われない、ということです。
基本的な常識についてはしっかり把握しておき、オーディションの担当者から呆れられてしまわないようにすることが、少なくとも第一次審査を突破するためには重要なポイントとなるでしょう。言葉遣いなども考えておく必要があります。